FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繋いだ手

奏さんが、私の手を握っている。
奏さんのお部屋で二人でお布団に潜り込んで、私も奏さんの手を握り返す。

あんなことやこんなことはもう済んで、シャワーを浴びて寝る前の一時。
体を寄せ合って他愛もないお喋りをする私の大好きな時間。
奏さんが私の手を握ってくれた。

ぎゅっと手を繋いでそのままお喋りを続ける。
私はそれが幸せで幸せで、ちょっとだけ涙がこぼれそうになった。
手を繋いでいる、ただそれだけのことなのにね。
でもそのさり気なく繋がれた手が嬉しくて、私は泣いてしまいそうだった。
奏さんに触れているとどこもかしこも暖かくて幸せ。

奏さん奏さん、お願い。
どうかこの手を離さないでね。
これから色んなことがあるかもしれない、私もいつまでも若く可愛いままじゃいられない。
でも願わくばどうかこの手を離さないで。
叶わない願いをだとしても、私は全身全霊をかけて願い続けるから。
奏さん、どうかこの手を離さないで。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://cryformoon.blog15.fc2.com/tb.php/229-f1d41b3a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © Hana.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。